準備の準備で人生終了

仕事探しに必要な準備について

どんな準備が、仕事探しをするためには大事なのでしょうか。フットワークも軽く、思い立ったらすぐに動くのも大事ですが、仕事探しを達成するための大切なのはしっかりとした準備です。現時点で働いていない人は、仕事探しと同時に働くための準備も大事です。仕事をしながら仕事探しをする人にとって重要なのは、どんな影響を、新しい勤務地や、勤務時間の変化などによって家族や周囲の人に与えることになるかを考えることです。どんな条件で仕事探しをするかを、仕事探しを行う前からはっきりさせておきましょう。要点を押さえた行動を心がけておけば、いざという時にスピーディな決断もできます。何がしたくて仕事を探すのか、クリアにしたいのはその理由です。きちんと決めておきたいのは、仕事探しで何があってもはずせない条件です。どうしてその条件が不可欠なのかを自分で分かっておけば、そこから志望の動機もはっきりするかもしれません。その仕事をすることが、最初に考えていた自分の希望どおりだとはっきり言えることが、仕事探しの成否を分けます。大事な部分がはっきりしないままで仕事探しを続けていると、のちのち就職活動で順調な行動ができなくなります。志望動機を面接の場でもしっかりと述べることができなくなってしまうでしょう。仕事探しの準備では、何を最重要ポイントにするかをはっきりさせることが大事です。

 

仕事探しのための自己分析

どんなふうに自己分析をしてから仕事探しをしたら良いのでしょうか。採用面接時の自己アピールのために必要なのが自己分析なのですが、それだけに限らず自分にとってベストな仕事探しの指標にもなるものです。自分は何のために働くのか、どんな職業なら自分らしさが生かせるのかについて、自分の考えを整理することが自己分析です。きっちりと自己分析をしていないと、周りの人が言有名企業だから、人が羨む人気企業だからというような情報に振り回されて仕事探しをすることになるでしょう。人生の目標も、自分の根っこにあるもの早い段階で発見し、仕事探しが見つけたものに従ってできるようになれば容易に見つけることができるでしょう。自己分析は一度やって終わるものではなく、何度も見直していくものです。あらためて自己分析では、今まで自分があげた成果や、どのような部分にやりがいを感じてきたかを再度問いなおすのです。同時進行で、多くの仕事探しに役立つ新情報があるのでどんどん入手しましょう。自分の中を掘りさげることも自己分析では大事ですが、1人の人間か持っている情報は限られています。異なる業種の人や、自分とは違う生き方をしている人の話を聞いて、自分時自身がどう感じたのかを見つめ直すことで自己分析をすることもできます。新しい出会いや、自分の中の可能性を、情報を知る過程で発見する場合もあるでしょう。自己分析をしっかり行って仕事探しに活かしていきましょう。

 

仕事探しをどのように行うべきか

どんなことを心がけて仕事探しをするのがベストなのでしょうか。いろいろと仕事探しに関連する意見はありますので、ひとつの答えはありません。それぞれ個人によって何を第一に考えるかは違うので、自分の適性や、収入、待遇、職場環境のどれを一番に考えても良いのです。自分の中で最も腑に落ちる考え方を優先して仕事探しをする必要があります。仕事を選ぶとき、納得できないままに人の意見を丸呑みしても、よい仕事に巡り合うことはできないのではないでしょうか。仕事探しは可能であるならば、今の状態に満足しているときに行ったほうが良いでしょう。今の仕事が面白くないという状態や、不満がある状態で仕事を探しても判断が鈍ることがあります。仕事探しをする前に今の仕事の問題点をなくしておくことで、職場環境が今よりもっと良いところと出会えるでしょう。今まで生きてきた中でどのような決断をしてきたかを、もう一回整理してみることも重要です。進学や就職など、人生のターニングポイントでどんな決断をしたか、何を基準にしてきたかを書き出してみるましょう。無意識に自分自身が大切にしてきたポイントが理解できます。客観的に理解することによって、これからも重視するかどうかは別としてそれを根本に仕事探しをすることができます。仕事探しを成功させるために、様々な角度から現状を振り返ってみてください。